環境を調える

そもそもゴミ屋敷はどの様なケースで邂逅するか

日本のマスメディアがとある言葉を電波に流し、そしてお茶の間を賑わせた事があります。 「ゴミ屋敷」という言葉です。 これは一軒家の敷地内に大量のゴミが放置されていて、異臭を放っていたり鼠などの害獣が発生していたりと、近隣の住民に迷惑や被害が出ている事もありえる家です。 このゴミ屋敷が発生するのは、その家に住む人が放置しているからでもありますが、中には家主が長期間留守にしている為に第三者がゴミを不法投棄していたり、または家主が高齢者の為にゴミを処理する事が出来ないなどのケースがあります。 ですので必ずしも悪意を持って放置しているとは限らないのが常道です。 そして、仮にそういう状況の家と無縁に生きていた人も時にはそれと関わる事があります。 親族が亡くなられたという凶報が届いた場合に、初めてその親族の家がゴミ屋敷であるという事を知るというケースです。 つまり、遺産整理の類になります。

そうなった場合はどうすればいいのか

仮に貴方が親族の凶報を受け、その親族の家がゴミ屋敷であり、貴方だけがその親族の遺産を引き継ぐ事となった場合にはどうするべきか、それを考える必要があります。 考えられる手段としては自らが清掃して片付ける、もしくは清掃業者や廃棄物引き取り業者などに依頼して片付けの代行をして貰うなどです。 その規模次第では個人で片付ければいいだけの話かもしれませんが、ゴミ屋敷という言葉が電波に乗った時の映像は敷地に満遍なく敷き詰められたゴミ袋などの惨状の光景や粗大ゴミの姿なので、1人で行うには危険度が高かったりするケースもあります。 何より休日1日で済むならともかく、それすら難しい惨状と化している事もままあります。 その為、代行業者に片付けを依頼して整理整頓をする、というのがゴミ屋敷に対する基本的に多いパターンでもあります。